スポーツ

【2022現在】皇治の歴代彼女は6人!肉食系で恋愛遍歴が凄すぎだと話題にw

 

4歳の頃から空手や日本拳法を習い、ISKA K-1ルール世界ライト級王者・元HERTライト級王者として有名になりました。

本人が「モテてしゃーない」と名言する皇治さん。

今回はそんな肉食系の皇治さんの歴代彼女と好きなタイプについてご紹介します。

【2022年皇治さんの歴代彼女はこの6人】

皇治さんの歴代彼女はこの6人です。

  1. 一般の方
  2. 森田理香子
  3. 青木愛
  4. モデル風の美女
  5. 西山茉希
  6. 一般の方

それぞれ確認をしていきましょう。

皇治さんの歴代彼女①一般の方

皇治さんは2018年7月のトークライブで13年交際した女性がいたことが明らかになっています。

13年付き合っていた彼女がいた

ちなみに当時の皇治さんは28歳だったこともあり、中学高校時代から交際をされていたというコトになりますね。

2018年7月のトークライブで話しているということは、2017年頃には破局していたようです。

皇治さんの歴代彼女②森田理香子

  • 生年月日:1990年1月8日
  • 出身地:京都府京都市

2人の交際が発覚した理由は2019年5月に発売されたフライデーのスクープです。

ちなみに2人の出会いのキッカケとしてはコチラ。

皇治さんがゴルフの大会で森田理香子さんを応援に行った

また森田理香子さんが引っ越しする時に皇治さんが手伝っていることもありました。

この他にも何度か同じマンションに入る2人の様子が目撃されています。

しかし、皇治さんも森田理香子さん側もお付き合いについてのコメントはなし。

その後2019年12月頃、皇治さんが青木愛さんとのデート報道があり、二股疑惑が浮上し噂が消えていきました。

皇治さんの歴代彼女③青木愛

  • 生年月日:1985年5月11日
  • 出身地:京都府京都市左京区

2人の出会いは2018年12月。

青木愛さんが引退後にレギュラーを務めていた関西ローカルのスポーツ番組で出会いました。

お互い関西出身で、すぐに意気投合し、交際へと発展したようです。

そんな2人は2019年末に仲良く腕組みデートが「フライデー」でスクープされています。

六本木の高級ブランド店で買い物したり、渋谷の展望施設で夜景を楽しみ、しゃぶしゃぶ店で仲良く食事。

その後、人目を忍ぶように渋谷の高級ホテルへと向かったとのこと。

しかし、週刊誌にこのことを直撃取材されるも、報道内容を皇治さんは否定。

その後は青木愛さんとの報道はなく、交際をしていなかったのかもしれません。

皇治さんの歴代彼女④モデル風の美女

2021年5月に「FLASH」でデート報道がありました。

この女性は皇治さんのファンだったようで、東京の焼肉店に一緒に訪れたようです。

その後、意気投合し店を出た2人は、夜の繫華街へと消えていったそう。

ただ、その後の交際報道なども見られないため、一夜限りの関係だったのでしょう。

皇治さんの歴代彼女 ⑤西山茉希

  • 生年月日:1985年11月16日
  • 出身地:新潟県長岡市

2010年K-1の実況にナビゲーターとして出演するなど、自身も格闘技好きとして知られる西山茉希さん。

そんな西山茉希さんですが、2021年に皇治さんの知り合いを介して出会い、家族ぐるみの付き合いに発展。

2021年8月には複数人で和歌山に子連れ旅行にも行きました。

西山茉希さんの子供達も皇治さんに懐いているとのこと。

その後、2021年9月にも子連れでもんじゃ焼き店へ行き、帰りに路上でのチュー写真。

ちなみに皇治さんはキスに関しては、こう発言しています。

ホロ酔い加減の西山茉希さんからの挨拶がわりのキスだった

この件についても「モテてしゃーない」から日常茶飯事だと週刊誌取材に答えています。

しかし、これ以降特に熱愛報道がないため、友人としてのお付き合いが続いているのかもしれません。

皇治さんの歴代彼女⑥一般の方

都内のガソリンスタンドで一般の方と見られる人とチュー写真が2021年9月に報じられています。

ちなみに、この車は皇治さんの愛車となっており、ただの知人の関係で愛車に乗せてチューするとは考えにくいです。

しかし、その後は噂も出ていないため、こちらのお相手も皇治さんお得意の一夜限りの関係の可能性もあります。

皇治さんの好きなタイプ

皇治さんの好きなタイプはコチラです。

  • 理想の女性は中村アンさん
  • 可愛い系より綺麗系
  • 髪はロングヘア
  • 髪をかきあげる仕草が好き

色気がある綺麗系の美女に弱いようです。

まとめ

皇治さんの歴代彼女についてお届けしました。

ご自身も「モテてしゃーない」と名言するほどのモテ男。

今後またどんな女性が口説かれていくのでしょうか。